消費者金融の審査基準の秘密とその対策法

消費者金融の審査基準はキャッシング会社によって少しは違うと思いますが、だいたいの見るべきところは共通しています。
これは、改正貸金業法などで、カードローン会社やクレジットカード会社に規制がかかっているからですね。審査が厳しいとか審査が甘いとかは各会社の経営方針や経営状態によって違います。
審査が厳しい会社は、返済を約束通りにしてくれる優良なお客さんを求めていますし、審査が甘い会社は拡大路線でより多くのお客さんを求めているとかです。会社にお金が多いところは多くの人に貸せますし、余剰資金の少ない会社は少しの人にしか貸せないということです。なので大手は審査が厳しいと思いがちですが、資金量の豊富(上場企業、バックに銀行)などの方が実は貸してくれるということになります。

 

消費者金融は貸金業規制法で、貸金業協会に加入しています。貸金業協会に加入すると信用情報機関で申し込みをした人の信用状況を調査できるんです。金融ブラックリストに入っているかなどの調査ですね。このブラックリストは、正確にはブラックリストとは呼ばずに「金融信用知らせでの要注意者資料」と呼ばれています。これらのことを詳しく載せているページがありますので気になりましたらご覧ください。
ブラックリストのページ
それと貸金業法の中の総量規制です。これは年収の3分の1までお金を貸すことが出来るというものです。それ以上は貸せないことになっています。しかし、年収の3分の1と言ってもどこまでが年収かというのもありますし、住宅ローンや車のローン、銀行のカードローン、クレジットカードのショッピング枠(商品の購入)、法人名義の借入、個人事業者が事業資金等の借入れのため、事業・収支・資金計画を提出し、返済能力があると認められる場合には、上限金額に特段の制約なく、借入れが可能(さらに、借入金額が100万円以下の場合には、上記計画の提出に代えて、事業・収支・資金繰りの状況が確認できる書面の提出により、借入れが可能)などは総量規制の対象外です。 銀行のカードローンの金額まで入らないです。これらのことは総量規制のページに載せていますので、気になる方は閲覧してください。
総量規制のページ

 

消費者金融審査基準まとめ

○会社の経営方針
大手のお金のある会社は逆に貸してくれます。
その時々の資金量によって顧客の拡大ペースが違いますので、一概には言えませんが上場企業であれば株式市場から潤沢な資金を調達できますので目安になりますね。

 

○総量規制の範囲内か?(返済能力があるか)
キャッシング会社が違反すると行政処分を受けるのでこれはガチです。
しかし、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠以外の借金では、除外になっているものが多数あります。
総量規制の範囲内でも会社の経営状態によっては審査に通らないこともあります。

 

○金融ブラックか?(金融信用知らせでの要注意者資料に載っているか)
信用機関経由で情報を調べられます。ブラックは簡単にいうと次の3つの事柄に当てはまっているかです。
・3ヵ月以上の滞納がある
・債務整理や破産申し出をした
・貸し出し禁止の申し出を当人がしている
この3点のどれかに当てはまっていれば、ブラックに登録されているということですね。

 

消費者金融の審査対策

審査の対策ですが、これは即日審査のページにも載せているのですが、まずは簡易審査を受けてみることです。そうすれば自分が審査に通るのか大体のところが分かります。
ネット上で出来ますし、3秒とか10秒ですので簡単に出来ます。3項目とかですので楽ちんです。
消費者金融の審査のキモは他のキャッシング会社で借りていないかが主要な問題ですので、そこを理解していればOKとなります。もし、総量規制に引っ掛かっていたら銀行のカードローンに申し込むのがいいですね。 ブラックリストに自分が載っていると判断出来る場合は、政策金融公庫などの公的機関に融資を頼むか、ろうきんなどに問い合わせするのがいいと思います。もし、明日の生活にも困るようであれば市役所などの福祉課に相談するのが、いいです。

即日審査の受けれるカードローン会社

簡易審査もあり、即日融資の受けれるカードローン会社を比較したページがありますので、参考にしてください。
各会社に利息高や無利子期間があるなどの比較点があります。

 

≫即日融資の比較ページはこちら≪

 

 

消費者金融(キャッシング)の審査基準の秘密とその対策法即日融資のメリットTOPページに戻る


inserted by FC2 system